肩が上がらない

五十肩や肩関節周囲炎と診断されて、肩の可動域が制限されたり、夜間痛を訴えて来院されます。整骨院や整体でマッサージやストレッチをしても、軽減しない方も来院されます。

同じ国家資格を持つのに、病態把握やスキルの違いで治せる先生と治せない先生がいます。

例えば、拘縮と呼ばれる関節が動きにくくなった五十肩の病態は、関節包と関節包靭帯が癒着しています。

原因にアプローチするにはマッサージだけでなく、マニュプレーションと呼ばれる手技で癒着を剥がす必要があります。

また、痛みの強い肩には石灰が筋肉内に存在し炎症を起こしている場合があります。マッサージすると炎症が増加し、悪循環となります。

当院では、理論と技術の確立した治療で安心して施術を受けることができます。専門学校や大学で講義するスタッフもいますので、丁寧に詳しく説明をさせていただきます。

ご予約で受け付けています。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる