もし交通事故に遭ってしまったら

もし交通事故の被害者になった場合は落ち着いて行動して警察に連絡し、保険、任意保険)などを確認しておきます。相手の名前・住所・連絡先・車のナンバープレート・相手が加入している保険会社(自賠責保険・任意保険)などを確認しておきます。

また、目撃者を確保しておくと、第三者の意見は万が一相手方とトラブルになった際などに効果があるため、通行人などで交通事故の目撃者が居ればその証言をメモしましょう。

また、氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう依頼します。

その後、事故現場を写真に撮っておきます。更に自分でも記録をつけるようにして、可能なら事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取り図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。記録は賠償交渉終了時まで残しておけば安心でしょう。

大事なことは、証拠をできるだけ残すようにしておくことです。そして必ず病院に行って、医師の診断を受けておいてください。

修理費や治療費などの領収書や診断書は保管し、事故証明書と一緒に揃えておいて示談を進めます。

 

※損害額が決まる前でも程度に応じた仮渡金を先に請求できる仕組みもあります。

ただ、物損事故で終わらせた後、数時間もしくは何日か経ってから痛みを感じてきた・・など、異変に気付いた場合はすぐに病院に行って診断書をもらいます。その後、管轄の警察署へ行って「事故証明書」の種別を「人身事故」に切り替えてもらうよう申し出て下さい。この手続きをしないと相手の保険会社へ治療費などの請求をする場合に支障がでてきます。

事故発生時に救急搬送されるなどして、相手の連絡先などの情報を全く確認していない場合は「事故証明書」を警察から後日発行してもらうと、加害者の氏名・住所なども記載されています。